大阪労山女性委員会の活動を報告しています。 安全登山の基本からアウトドアクッキングまで活動はさまざま。 山ガールの皆さんの参加をお待ちしています。

女性委員会交流山行報告

甘南備山(山菜ハイク)
4月29日(金・祝)晴れ
参加者:6名
コース:京田辺駅~一休寺~甘南備山~展望台~一休寺~京田辺駅

前日の土砂降りの雨はどこへやら…当日はいい天気に恵まれ出発する。
早速京田辺駅に着くが各自それぞれ相棒に頼っているのか、誰一人地図を出そうとしない。
KIさんがしきりにシャッターを切っているのが印象的でした。
本日は山菜を取りながらのんびり行こうと言っていたものの、少し道を間違え時間のロスがあったり、歩き始めは山菜がなくボヤクことしきりだったが、途中から山菜の宝庫に変身し中々動けず11時でも麓。
いつになったら目的地に着くねん~~と声が飛んでくる始末(笑)
IMG_20160429_115700.jpg

(こごみ・ウド・タラの芽・こしあぶら・わらび・セリ・のびる等など袋一杯収穫)
目的地に入ってからどこに行っても火気厳禁の看板が多い中、手頃な場所を見つけ、本日のメインのランチ山菜の天ぷらの準備に取りかかる。
天候が不安定で小雨が降ってきたり4月末だと言うのに寒くてカイロの世話になったり、それでもメンバーはいたって元気。次々と山菜を揚げていくが、あっという間に各自の胃袋に消化していく。
(特に印象に残った天ぷらはフジの花・アケビの新芽と花・柿の葉・雪ノ下など甘くて美味しかったです)
お腹も満たされ慌しく片付けをし、せっかく来たからと頂上に向かいゆっくりし、下りは展望台まで戻り大パノラマを堪能したのち下山しました。
朝素通りした一休時に寄り、めいめいお土産を調達し帰途に着いた。
スポンサーサイト

女性委員会交流山行

9月7日(土)~8日(日)熊野古道
参加者:6名
9/7滝尻10:50~熊野古道道案内会館見学~不寝王子12:00~展望台~熊野神社~高原露の里ホテル14:30(泊)
9/8栗栖川7:05~発心門8:30・9:30~赤木越起点9:55~湯の峰温泉12:35・13:40~大日越~登山口15:00

女性委員会活動がよりスムーズに行われることを願って企画した今回の交流山行は、和歌山県連の女性委員準備会との交流と位置付けて行われました。
心配していた雨も上がり女6人2日間どんな交流山行になるんだろうと胸を弾ませながら順次合流したが、途中Tさんより電車の乗り継ぎでアクシデント有り。タクシーで飛ばしているが間に合うかどうかとメールが入ったが、無事合流できてホッとする。
滝尻より出発し今日のコースは短いので、ゆっくりと胎内くぐりに寄ったりと樹の下を進んでいくが、やはりサウナ状態で汗が噴出してくる。水分補給休憩を何度も入れながらアップダウンの道を進んで行った。村の入口付近で木工会社のおじさんに声をかけられ、丁度土砂降りの雨も降ってきたので雨宿りも兼ねて見学させて貰った。
天気も悪いので予定していたコースを取りやめ、時間も早いが今夜の宿に向かう事にした。
天空の宿高原露の里ホテルに着くと温泉のお湯を運んで来た大きなタンクローリーとすれ違う。(木の香りがするホテルでも周りも自然が残り、霧の中凄く幻想的な風景でした。)
夕食は田舎の会席風?の料理に舌鼓を打ちながら、お酒も入り女性委員会の事や色んな話題で多いに盛り上がりました。
8日朝早くホテルの人にバス停まで送って貰い、一路発心門へ(此処で和歌山県連と合流)。和歌山からは44名の大所帯。天気の状態を見てコースを考えようと決め一緒に出発する。この時、差し入れとともに帰りには紀伊田辺まで送ってくれるとの事!感謝観劇!!
このような機会は中々ないので交流しながら歩きたかったが、班体制がすでに組みこまれているし道も狭いので、長い行列状態になりむずかしい。結局、湯の峰温泉で昼食の時に一部の人達と少しの交流しか出来ませんでした。心配していた天気も薄日が差し、全員で記念写真にも収まり最初の予定通り大日越まで行く事が出来て良かったです(赤木越も大日越も一般の人が殆ど人が入って無かった)。
スポーツとしての登山をいつまでも楽しむ為に日々の健康管理に気を配り、仲間と共に山筋体操も多いに活用して山登りに必要な筋肉を鍛えるぞと、今回も多いに感じました。また、是非違うコースの熊野古道も歩いて見たいです。
今回リス・サルにも出会い彼岸花・栗・きのこ・せみの鳴き声を聞きながら夏・秋が同時に感じられる充実した山行になりました。参加された皆さんお疲れ様でした。